書き方

卒業論文

卒業論文のための研究計画書の書き方ー基本事項ー

研究計画書の書き方や記述内容は所属する大学や研究室によって異なりますが、共通の約束事はあります。まずは、文末表現を「である」調にし、自分の主観を語る表現を避けます。また、自分の意見か!それとも他者の意見か!を明確に区別して書くようにしましょう。
卒業論文

卒論やレポート課題の書き方 序論 本論 結論とは?

大学で書く卒業論文やレポート課題は、序論・本論・結論で書きます。序論で研究テーマやそのテーマの背景などを記述し、自分が論じたいこと(主張)を明確にします。本論には、主張の根拠を複数書いて、自分の論じたいこと(主張)を読み手に納得させます。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を明確に記述し、その結果の根拠を簡潔に示すことです。結論を書き終えれば一安心ですが、最後に参考文献リストをつけ忘れないように!
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出すには?

修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。序論(イントロダクション)部分の執筆では試行錯誤することになりますが、まずは、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!を明確にしましょう。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で言いたいことの根拠を示そう!

論文の構成は 序論・本論・結論 です。序論の執筆は質的負荷が高いですが、やはり論文本体は 本論 です。本論には、適切な根拠を具体的に書きましょう。その際、パラグラフ・ライティングを利用すると修正や補筆が楽になります。
ライティング

大学のレポートは、序論・本論・結論の構成で書こう!

大学で書くレポートには、自分の主張が必要です。そのため、序論・本論・結論の構成で書きましょう。序論・本論・結論の構成で文章を書くと、何かについて論じる文章となります。レポートの構成を考えずに、調べたことを並べただけの文章、調べ学習のような文章にならないように注意しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました