書き方

修士論文・博士論文

修士論文の結論(コンクルージョン)部分は、簡潔に記述する!

論文は、序論・本論・結論で構成します。結論(コンクルージョン)で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果です。結果を明確にするため、本論で記述した内容を簡潔に要約しましょう。また、論文末尾に参考文献リストをつけ忘れないように!
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で言いたいことの根拠を示す!

修士論文の構成は、序論・本論・結論です。序論で研究のテーマとその背景、また、何を明らかにしたいかという目的を記述したら、本論で、その根拠を示します。本論では、適切な根拠を具体的に積み上げていきましょう。そうすれば、論文の目的を達成できます。
ライティング

大学でレポートや卒論を書くときは、短文を積み上げて記述しよう!

大学でレポートや卒業論文を書くときは、言いたいことを明確に記述した短文を積み上げるライティング方法をお勧めします。意識的に一つの文を短く書き、その短い文をつなぎ合わせていきます。専門的で難しい内容の文章を書くときほど、読みやすくなるよう工夫します。
ライティング

レポート課題を論文形式で書くときには主張と根拠を明確に示そう

大学でレポートを書くとき、論文形式の文章の書き方にチャレンジしてみましょう。論文形式の文章とは、何かについて論じる文章です。そのため、自分の主張や、その主張を裏付ける根拠を明確に示す必要があります。「思う」や「感じる」という表現は避けた方がいいです。
卒業論文

卒業論文のアドバイス:自分の論文を要約する

自分が書いた卒業論文を要約するときは、論文全体のあらすじを書くのではなく、論文のポイントである問いと答えと根拠を簡潔にまとめましょう。卒業論文全体が序論・本論・結論の構成で書かれていれば、序論に問いが、本論に根拠が、結論に答えが書かれているはずです!
卒業論文

卒業論文やレポート課題の構成:序論 本論 結論

大学で書く卒論やレポート課題は、序論・本論・結論で書きましょう。まず、序論に、論じるテーマやテーマの背景、論じたいこと(主張)を書きます。特に卒論では、論じるテーマについて詳細に説明する必要があります。本論には、序論で示した主張の根拠を書きます。
卒業論文

卒業論文の要旨(概要書) 書き方の例

卒論の要旨とは、卒論全体で書かれている内容を簡潔にまとめた概要書のことです。ここでは、1ページにまとめた要旨を例にあげて説明しています。ただし、大学や学部、所属ゼミ(研究室)によっては要旨の書き方が決まっている場合がありますので、必ず確認しましょう。
卒業論文

卒業論文はパラグラフ・ライティングで書こう:トピック・センテンス

論文形式の文章を書くときはトピック・センテンス(パラグラフの要約文)をパラグラフの先頭に置きましょう。そうすると、パラグラフ内に書かれている内容を読み手は把握しやすくなります。また、トピック・センテンスを読むだけで卒論全体の内容を把握することもできます。
卒業論文

卒業論文のための研究計画書の書き方:基本事項

研究計画書の書き方は所属する大学や研究室によって異なりますが、共通の約束事は、文末表現を「である」調にすること、自分の主観を語る表現を避けること、また「自分の意見か」「他者の意見か」を明確に区別することです。全体の構成は例を参考にしてみましょう。
ライティング

大学のレポートは、序論・本論・結論の構成で書こう!

大学で書くレポートは、序論・本論・結論の構成を意識し、調べたことを単に並べて書いただけ、いわゆる、調べ学習のような文章にならないよう注意しましょう。何かについて論じる、何かについて主張するという類の文章は、序論・本論・結論の構成で書きます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました