論文

ライティング

大学の図書館や大学が契約している有料データベースの活用

大学図書館は、専門書を扱っているだけではなく、さまざまな学生向けのサービスも提供しています。大学図書館の蔵書検索システムや大学が契約しているデータベースなど、早いうちに確認しておきましょう。卒論や修論、レポート課題を書くときに役立ちます。
ライティング

レポート課題を論文形式で書くときには主張と根拠を明確に示そう

大学でレポートを書くとき、論文形式の文章の書き方にチャレンジしてみましょう。論文形式の文章とは、何かについて論じる文章です。そのため、自分の主張や、その主張を裏付ける根拠を明確に示す必要があります。「思う」や「感じる」という表現は避けた方がいいです。
ライティング

説明や根拠、具体例を書いてトピック・センテンスをきっちりサポート!

パラグラフ・ライティングは論理的な文章を書くことに適しています。パラグラフ・ライティングの特徴はトピック・センテンスにありますが、実際に読み手を納得させるにはサポート・センテンスが重要です。詳細な説明や具体例などを使い、トピックをしっかりサポートしましょう。
ライティング

パラグラフ・ライティング:トピック・センテンスはパラグラフの道しるべ

パラグラフ・ライティングは論理的な文章の執筆に向いたライティング方法です。論理的な文章には読んでいる人を納得させる力がありますから、論文執筆の場面だけでなくビジネス場面でも役立ちます。まずは、トピック・センテンスをパラグラフの冒頭に書くようにしましょう。
ライティング

パラグラフ・ライティングで論理的な文章を書こう!

パラグラフ・ライティングは、論理的な文章に向いたライティング方法です。パラグラフ・ライティングでは、パラグラフを一つの単位として文全体を構成します。パラグラフの形は段落と似ていますが、パラグラフ内に記述するトピックの扱いが厳密なことに注意しましょう。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出すには?

修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。序論(イントロダクション)部分の執筆では試行錯誤することになりますが、まずは、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!を明確にします。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を明確に記述し、その結果の根拠を簡潔に示すことです。結論を書き終えれば一安心ですが、最後に参考文献リストをつけ忘れないように!
修士論文・博士論文

修士論文につける要旨(概要書)の 書き方の例

論文を提出する時、論文に書かれている内容を簡潔にまとめた要旨(概要書)をつけることは多いです。要旨(概要書)は、論文本体を書きあげた後、論文本体の内容と照らし合わせながら書くといいでしょう。ただし、書式や提出方法に関する最新情報を必ず確認します。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で言いたいことの根拠を示そう!

論文の構成は 序論・本論・結論 です。序論の執筆は質的負荷が高いですが、やはり論文本体は 本論 です。本論には、適切な根拠を具体的に書きましょう。その際、パラグラフ・ライティングを利用すると修正や補筆が楽になります。
表・グラフ

統計データを使って円グラフとレーダーチャートを描いてみた!

さまざまな統計データのグラフ化に挑戦してみましょう。適切な統計データを見つけることができると、卒業論文などの論文を執筆するときに主張の根拠として使うことができます。ここでは、e-Stat のデータセットを使って、実際にグラフを描いていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました