論文執筆一覧

修士論文執筆へのアドバイス 結論

結論では、修士論文全体のまとめ作業をします。まとめとして記述する内容は本論で記述した内容の要約と序論で掲げた言いたいこと(目的)の結果です。また、今後の展望を結論に記述する際はこれまでの研究結果と今後の展望が混同しないようパラグラフ・ライティングを意識して書きましょう!

修士論文執筆へのアドバイス 本論

論文は序論・本論・結論 で文章全体を構成します。質的にしっかり執筆しなければならない部分は序論ですが、量的にたくさん執筆しなければならない部分は本論です。本論では、これまでに行った調査や実験、参考にした文献等について具体的に記述します。

修士論文執筆へのアドバイス 序論

修士論文を執筆していると、量的にたくさん書かなければならない本論部分にエネルギーを注いでしまいがちです。でも、論文でもっとも大切な部分は序論です。論文とは論じる目的が明確な文章ですから、序論で論じる目的を明確に記述しておかなければならないからです。

修士論文執筆へのアドバイス パラグラフ

修士論文は、論点をきちんと整理して記述しなければなりません。パラグラフ・ライティングの技能を身につけると、論点が整理された修士論文を書くことができます。では、パラグラフ・ライティングとはどのようなライティング技能でしょうか?

卒業論文執筆 トピック・センテンス

卒業論文など論文形式の文章を書くときにはパラグラフ・ライティングで記述しましょう。パラグラフ・ライティングで記述すると論理的な文章が書けますよ。また、トピック・センテンスの扱いにも注意しましょう。ここでは、トピック・センテンスについて説明していきます。

卒業論文執筆 パラグラフ・ライティング

卒業論文など論文形式の文章を書くときに困ることのひとつが「論理的な文章を書けない!」ことです。そのようなときは、パラグラフ・ライティングで論文を記述してみましょう!ここでは、パラグラフ・ライティングについて説明しています。

卒業論文執筆へのアドバイス 序論・本論・結論

卒業論文を書くときにまず戸惑うことが「文章全体の構成をどうすればいいか?」ではないでしょうか。卒業論文など論文形式の文章は、序論・本論・結論で文章全体を構成することになります。では、実際、序論・本論・結論部分には何を書けばいいでのしょうか?

卒業論文執筆へのアドバイス

社会人大学生の方が卒業論文を書くときには、感想文のような文章を書かない、1つの文で1つの事柄を書く、専門用語などを不用意に使わない点に注意しましょう。基本的なことですが、これらに注意して書くと論文らしい文章になります。

学術誌への論文投稿 査読結果への回答

投稿論文の査読結果が要修正となった場合、それへの対応は大変ですが、適切な対応ができれば論文が採択される可能性があります。そのため、まずは、査読者を納得させる回答文を作成しましょう。適切な回答文が書ければ、論文の修正がスムーズに行えるはずです。

学術誌への論文投稿 査読の流れ

学術誌に投稿した論文の査読結果が 要修正 の場合、論文の修正には時間がかかります。でも、査読者に指摘された箇所を修正したり、また、足りない部分を補筆したりすれば、論文が採択される可能性があります。ここは、腹を据えて頑張るしかありませんね。