論文

表・グラフ

データの関係を検討したいときに役立つ散布図

散布図は、2つのデータの関係を検討したいときにとても役立つグラフですから、卒業論文や修士論文などの研究の場で使う機会は多いです。少し工夫すると、散布図を描画するだけで隠れていた関係が見えてくることもあります。積極的に活用していきましょう。
論文を投稿

学術誌への論文投稿 最初の一歩

博士の学位取得を目指すのであれば、学会で研究発表をする必要があります。さらに、学会誌に論文を投稿して掲載される必要があります。そのためには、自分が研究している内容に即した学会に入らなければなりませんが、具体的にどうすればいいのでしょうか。
表・グラフ

論文などで使いたい、意図が伝わる円グラフ

研究論文や研究発表の場で利用するグラフは、あくまで、自分が論じたいことを伝えるために描くものです。Excelで描いたグラフをそのまま使うと、自分の意図が伝わりにくいグラフになってしまいます。少し工夫して、自分の意図が伝わりやすいグラフを描くようにしましょう。
表・グラフ

論文で使用する表の体裁を整えるコツ!

研究論文や研究発表の場では積極的に表を活用しましょう。ただし、表の体裁を整えるときはPowerPointを利用することをお勧めします。計算はExcel、表の体裁はPowerPointと作業を分けることによって、Excel上にある大切なデータを守ることができます。
表・グラフ

意図を伝える棒グラフ 見栄えをよくする方法

論文や発表の場で利用するグラフは、自分が伝えたいことが伝わりやすくなるよう工夫することが大切です。その際、ExcelやPowerPointの得意分野を適宜使い分けながらグラフの体裁を整えていきましょう。
論文を投稿

学術誌に論文投稿して査読結果がrivision(要修正)だったとき

査読結果が rivision(要修正)になったときは、査読者が指摘している内容を丁寧に精査し、どのように回答すれば納得してもらえるか考えましょう。考えがまとまったら回答内容を文章にまとめます。まとめた回答内容をもとにして投稿論文を修正・補筆していきましょう。
論文を投稿

学術誌への論文投稿 査読の流れ

学術誌に投稿した論文の査読結果が revision(要修正)の場合、その論文を修正したり補筆したりする作業は大変です。でも、査読者に指摘された箇所を修正したり、足りない部分を補筆したりする作業がきちんとできたら論文が採択される可能性があります。頑張りましょう。
論文を投稿

学術論文に投稿するときの査読って?

公表学術論文に自分の論文を掲載してもらうためには査読の壁を突破しなければなりません。この査読の壁を突破しないと博士の学位が取得できません。査読の結果には、一般的に accept、minor revision、major revision、reject の4パターンがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました