論文

修士論文・博士論文

論文に書かれている内容を効率的に把握する方法

多くの論文の中から自分の研究テーマに合った論文を探し出す作業は大変ですから、論文に書かれている内容は効率的に把握したいですね。定番の方法は抄録(アブストラクト)の確認ですが、図・表のチェックやトピック・センテンスの拾い読みもお勧めです。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 序論(イントロダクション)の沼から抜け出すには?

修士論文や博士論文などの論文を書くときは、 卒業論文と同様、序論・本論・結論で文章全体を構成します。序論(イントロダクション)部分の執筆では試行錯誤することになりますが、まずは、論じるテーマは何か!論じるテーマがいかに重要なものか!を明確にします。
表・グラフ

散布図を重ね合わせてみよう!

散布図は、棒グラフや円グラフよりも接する機会が少ないため難しく感じるかもしれません。でも、2つのデータの関係を検討するときに役立つグラフです。例えば、2つの散布図を重ね合わせてまとめてみると興味深い結果が見えてくることもあります。
修士論文・博士論文

結論(コンクルージョン)を簡潔に示して、修士論文を締めくくろう!

論文の構成は、基本的に序論・本論・結論です。結論で記述することは、序論で掲げた言いたいこと(論じる目的)の結果を明確に記述し、その結果の根拠を簡潔に示すことです。結論を書き終えれば一安心ですが、最後に参考文献リストをつけ忘れないように!
修士論文・博士論文

修士論文につける要旨(概要書)の 書き方の例

論文を提出する時、論文に書かれている内容を簡潔にまとめた要旨(概要書)をつけることは多いです。要旨(概要書)は、論文本体を書きあげた後、論文本体の内容と照らし合わせながら書くといいでしょう。ただし、書式や提出方法に関する最新情報を必ず確認します。
修士論文・博士論文

修士論文の執筆 本論(ボディ )で言いたいことの根拠を示そう!

論文の構成は 序論・本論・結論 です。序論の執筆は質的負荷が高いですが、やはり論文本体は 本論 です。本論には、適切な根拠を具体的に書きましょう。その際、パラグラフ・ライティングを利用すると修正や補筆が楽になります。
表・グラフ

論文や発表の場で使用する表の体裁を整えるコツ!

研究論文や研究発表の場では積極的に表を活用しましょう。ただし、表の体裁を整えるときはPowerPointを使いましょう。計算はExcel、表の体裁はPowerPointと作業を分けることによって、Excel上にある大切なデータを守ることができます。
表・グラフ

統計データを使って円グラフとレーダーチャートを描いてみた!

さまざまな統計データのグラフ化に挑戦してみましょう。適切な統計データを見つけることができると、卒業論文などの論文を執筆するときに主張の根拠として使うことができます。ここでは、e-Stat のデータセットを使って、実際にグラフを描いていきます。
表・グラフ

公的機関の統計データを使ってグラフを描画する方法

e-stat などの公的機関が公開している統計データをダウンロードしてグラフを描いてみましょう。グラフを描いてみると、数字を見ているだけではわからなかったデータの特徴が直感的にわかるようになります。ここでは、スマートフォンと携帯電話の保有者の割合を年代別にみていきます。
表・グラフ

エクセルで描画したグラフをパワーポイントでアレンジ!

図を描いて説明した方が文字だけで説明するよりも伝えたい内容が伝わりやすくなります。ExcelのグラフにPowerPointで必要な情報を書き加えましょう。ExcelとPowerPointを適宜使い分けることによって、伝えたいことが伝わる図になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました